開催レポート2012

奥入瀬サミット2012-知、癒しと美 十和田湖3days- 開催レポート

  • 1. 開催年月日:2012年9月7日(金)~9日(日)
  • 2. 場所:星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル(青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231)
  • 3. 参加者数
    • (1)女性リーダー

      青森県内外の女性経営者、女性役職員など55名

    • (2)一般参加(男女問わず参加可能)

      青森県内外から延べ330名(一般開放した全体会1、2、3の合計)

  • 4. プログラム
    9月7日(金)
    15:00~15:30 オープニング
    15:40~16:55 全体会1(一般開放)(株)星野リゾート代表 星野佳路さん
    17:00~18:00 全体会2(一般開放)(株)マザーハウス代表 山口絵理子さん
    19:00~21:00 交流会(ジャズトランペッター類家心平さんライブ)
    9月8日(土)
    05:00~08:00 十和田湖早朝カヌーツアー
    06:30~07:30 谷川真理さんと走る早朝の奥入瀬渓流ジョギング
    09:00~10:00 全体会3(一般開放)宇宙航空研究開発機構教授 川口淳一郎さん
    10:20~11:30 分科会
    1 谷川真理さん
    2 小林ベイカー央子さん(十和田市現代美術館メディア担当顧問)、安斉香さん(ヨガインストラクター)
    3 田中愛さん(美容家)、藤川優里さん(八戸大学総合研究所特別研究員)
    13:00~17:45 アクティビティ(ヨガ、エステ、温泉、乗馬、カヌー体験、奥入瀬渓流ランブリング、美術館など)
    19:30~22:00 十和田湖ナイトクルーズ(竹澤聡子さんフルート演奏)
    9月9日(日)
    09:00~10:30 全体会4 キャスター 安藤優子さん
    10:40~10:50 クロージング

1日目 9月7日(金)

11:00 当日の天気は晴れ。
青空が奥入瀬の空に広がりました。

13:00 県外からの参加者の方々が到着。

14:55 受付

15:00 オープニング
三村申吾青森県知事が歓迎のあいさつを行いました。

15:40 全体会1
講師:株式会社星野リゾート代表取締役社長 星野佳路さん
「仕事が楽しい環境を作り出す -勝ち続ける組織への模索-」

17:00 全体会2
講師:株式会社マザーハウス代表取締役兼
デザイナー 山口絵理子さん
「自分思考-一歩踏み出す勇気-」

19:00 交流会
開催地を代表して、小山田十和田市長から歓迎のごあいさつがありました。

山口絵理子さんに乾杯のご発声をしていただきました。

食事をしながら、初対面の方々も楽しく交流。

食事は青森の誇る食材をふんだんに使用しました。

ゲストの方々も交流会に参加し、出席者の皆さんへメッセージをいただきました。こちらは星野佳路さん。

翌日の奥入瀬渓流ジョギングに参加する谷川真理さんからもメッセージをいただきました。

八戸市出身のジャズトランペッター 類家心平さんのLIVEもありました。

中締めは、奥入瀬サミット実行委員会副会長の小林ベイカー央子さん。

2日目 9月8日(土)

05:00 早朝カヌーツアー参加者の皆さん集合です。

ガイドのレクチャーの後、いよいよ湖上へ。

朝靄の十和田湖をカヌーで進みます。

湖畔でティータイム。

06:30 「谷川真理さんと走る早朝の奥入瀬渓流ジョギング」参加者の皆さん集合です。

奥入瀬渓流の「阿修羅の流れ」付近で、谷川さんの指導のもと、まずはストレッチから。

早朝の奥入瀬渓流で、景色を楽しみ、澄んだ空気を思い切り吸いながらのジョキング。

谷川さんと参加者で記念撮影。

09:00 全体会3
宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授 川口淳一郎さん
「『はやぶさ』が挑んだ人類初の往復の宇宙飛行、その7年間の歩み」

10:20 分科会1 谷川真理さん(マラソンランナー)
「忍耐は苦しいけれどもその実は甘い」

10:20 分科会2
小林ベイカー央子さん(十和田市現代美術館メディア担当顧問)&安斉香さん(ヨガインストラクター)
「Art of Life-答えは自分の中にある-」

10:20 分科会3
田中愛さん(エステティシャン)&藤川優里さん(八戸大学総合研究所特別研究員)
「自分に合った美メソッドを見つける」

13:00 アクティビティ
奥入瀬渓流ランブリング

アクティビティ
乗馬体験

アクティビティ
奥入瀬リラックスヨガ

アクティビティ
蔦の森ランブリング

20:00 十和田湖ナイトクルーズに出発

20:30 普段は日中しか運航しない遊覧船に乗船

船内の様子です。

船内では、竹澤聡子さん(青森市出身)によるフルート演奏がありました。

3日目 9月9日(日)

09:00 最終日は全体会4。キャスターの安藤優子さんの講演。
(安藤さんは契約上、撮影ができませんでしたので、御了承ください。)

10:30 クロージング
佐々木青森県副知事から参加者の皆さんにあいさつを行いました。

締めは、実行委員会の大谷会長より。

八戸大学が開発した最新型アンケートを大谷会長が初公開!
参加者全員が「楽しかった」と回答してくださいました(笑)

参加者の方々の声

  職業 感想
1 中学校教諭 勇気を出して参加しましたが、本当に参加の機会を得て良かったと思いました。サミット本体の他、充実した講師陣とアクティビティを可能にしてくださったスタッフの皆さんに感謝したいと思います。
2 NPO法人理事長 「奥入瀬summit2012」はすばらしい企画でした。
日頃からもっとも会ってみたい方、もっともお話をしてみたい方が勢ぞろいの講師陣には、新しい発見、驚き、想像を絶する行動力と知恵・アイデアなど多くのものをいただくことができました。今後のエネルギーとなり、やる気につながりそうです。
働く女性にとって知性をさらに磨き、そして癒しと美を追求するというのは、一番必要でありながら時間をさけない部分でもあるかと思います。
今後もますます企画に磨きがかかり日本を代表する女性のsummitとなればいいなと思っております。
すばらしい3日間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。
3 会社社長 半信半疑での参加でしたがとても良かったです。来年も出席させて頂きたいと思っております。スタッフの皆さまありがとうございました。
4 会社社長 この度の奥入瀬サミットにお誘い頂きまして大変ありがとうございます。
最初は迷っていましたが、それでも参加させて頂き大変充実した三日間でございました。
プログラムの内容が特に素晴らしく、またお世話頂いたスタッフの方々はとても親切で至れり尽くせりでした。
参加者の多くが感激して、来年も是非参加したいとおっしゃっていました。
このような素晴らしいプログラムを企画し、開催されました事を同じ県内に住む者として大変誇りに思いました。
奥入瀬サミット実行委員会の皆様に心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
5 会社社長 参加者のみなさん口々に、セミナー講師陣のチョイス、アクティビティの充実性に感動していました。アクティビティについても、ふだん四六時中頭の中に仕事のことがあり、無理にでもこうして時間を作り、思いきり楽しみ笑うことができて、たいへんリフレッシュできたと仰っていました。わたしもまったく同感です。来年も参加できるよう、がんばります。本当にありがとうございました。
6 会社社長 初めての奥入瀬サミットですが、空港でのお迎えから、イベント全体を通して、スタッフの方々が週末を返上してお手伝いくださっていました。東京ならイベント会社を手配するところ、皆さんの手作りで、温かい感じ。おもてなしの気持ちが伝わってきました。ありがとうございました。 来年、再来年と、きっと規模が大きくなっていくであろうこのイベントの、記念すべき第1回目に参加できて、本当によかったです。 スタッフの皆さん、御一緒させていただいた皆さん、ありがとうございました。
7 大手企業管理職 あれだけの充実したプログラム、準備がかなり大変だったでしょうね。本当にお疲れさまでした。
青森いいですね。食べ物もおいしいし、人もやさしいし、一気に好きになりました。また訪れることができればいいなと思います。
いい機会を与えていただき、感謝です。本当にありがとうございました。

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。
次回はさらにバージョンアップしたサミットとするために現在内容を検討中ですので、御期待ください。

奥入瀬サミット2013 日程決定!
協賛・協力 開催レポート2016 開催レポート2015 開催レポート2014 開催レポート2013 開催レポート2012

主催:奥入瀬サミット実行委員会(事務局:青森県企画政策部地域活力振興課) メディアパートナー:日経トップリーダー

奥入瀬サミット2017 協賛企業・団体一覧

  • 太子食品
  • サントリー酒類株式会社
  • 輝く女性応援会議

ページトップへ