本道 佳子(NPO法人「国境なき料理団」理事/和ビーガンシェフ)

本道 佳子(NPO法人「国境なき料理団」理事/和ビーガンシェフ)

高校卒業後、フードコーディネーターの道に進み、25歳で単身ニューヨークへ。
高級レストラン「Hudson River Club」で修行後、現地のVIPが集う「野村エグゼクティブダイニング」でスーシェフに抜擢。
その後、ロサンジェルスへ移り、ケータリングなどを手がけながらオーガニックやマクロビに触れる。
2000年に帰国し、フリーの料理人として映画の撮影現場やコンサートツアーの帯同シェフを務める。
2010年、「国境なき料理団」を立ち上げ、その本拠地として野菜レストラン「湯島食堂」をオープン(2014年に閉店)。
東日本大震災や熊本地震など自然災害被災地への炊き出し、医療施設などでの出張料理人としても活躍している。