個人情報の取扱いについて

個人情報の取扱いについて

奥入瀬サミット実行委員会事務局(以下「当局」という)では、個人情報の保護に関する法律および同法に関係する法令等(以下「個人情報保護法等」という。)を遵守し、お客様からお預かりした個人情報の確実な保護を実現するため、次の方針に基づき個人情報の適正な取扱いを行っております。

  1. 当局は、適切かつ公正な方法によって個人情報を取得します。
  2. 当局は、あらかじめご本人の同意を得ないで、特定された利用目的を達成するのに必要な範囲を超えて個人情報を取り扱いません。ただし、特定の個人を識別できない態様に加工したうえで、統計上の資料として使用することがあります。
  3. 当局は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理するため、個人情報への不正アクセス、流用、破壊、改ざんおよび漏洩等を防止するための各種セキュリティ対策を講じます。
  4. 当局は、お客様からお預かりしている個人情報を、情報処理等のため利用目的の範囲内で業務委託先に提供することがあります。また、個人情報保護法等に定める手続を行ったうえで、別の事業主体と個人情報を共同利用することがあります。なお、個人情報の取扱いに関し委託または共同利用を行う場合には、当該委託先または共同利用先について厳正な調査を行ったうえで、適正な監督・連携により情報漏洩防止に努めます。
  5. 当局は、個人情報保護法等に定める場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供しません。
  6. 当局は、個人情報保護法等に定める保有個人データに関するご本人または代理人からの開示、訂正、利用停止等の各請求手続および個人情報の取扱いに関する苦情のお申出先等を定め、すみやかに対応いたします。
  7. 当局は、個人情報に関する最高責任者として個人情報保護管理者を、各部署に個人情報部門管理者および個人情報取扱責任者を置き、従業者に対し十分な教育を行うことで、全員が適正に個人情報を取り扱うことができる体制を構築します。
  8. 当局は、本個人情報保護方針および個人情報保護のための内部管理体制を適宜更新し、お客様からお預かりしている個人情報の適正な取扱いに努めます。

※本個人情報保護方針において、個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいいます。

協賛・協力 開催レポート2016 開催レポート2015 開催レポート2014 開催レポート2013 開催レポート2012

主催:奥入瀬サミット実行委員会(事務局:青森県企画政策部地域活力振興課) メディアパートナー:日経トップリーダー

奥入瀬サミット2017 協賛企業・団体一覧

  • 太子食品
  • サントリー酒類株式会社
  • オムロン株式会社
  • 一般財団法人十和田湖ふるさと活性化公社
  • 鳩正宗株式会社
  • ラメラボーテ
  • 株式会社フリースタイル
  • 輝く女性応援会議

ページトップへ