奥入瀬サミット2021

ゲスト紹介

ゲスト紹介

Motoko Callowayさん

リポーター

Universal Warehouse Co.スーパーバイザー

(米国ロサンゼルス在住、弘前市出身)

Motoko Calloway

弘前市出身。文化服装学院卒業後、アパレルのオゾンコミュニティでデザイン企画、生産管理、パターンナーとして勤務。1999年米国籍アーティストとの結婚を機にハワイに移住、長男を出産。2001年日本に一時帰国し男女の双子を出産。翌年サンディエゴへ渡り、その2年後ロサンゼルスへ転居。双子が小学校へ上がるのを機にオゾンコミュニティの姉妹ブランド・ヒステリックグラマー米国支社で職場復帰し、プレス兼セールスとしてロサンゼルス、ラスベガス、ニューヨークでの展示会に参加。リーマンショック後の 2009 年にアパレルからロジスティクス系の会社に転職し現職。将来的には起業を目指し、ビジネス専科の学位を取得するために数年前から学業復帰。
ロサンゼルスの青森ねぶた囃子保存会会員で、毎年ダウンタウンで開かれる日系二世ウイークのパレードに参加。 2015 年からはハリウッドでのクリスマスパレードにも参加し、レッドカーペットの上を練り歩くねぶた、ねぶた囃子、躍動感のある跳人のダンスで好評を得ている。

ページトップへ