奥入瀬サミット2019

奥入瀬サミット2019 Reframing - マイナスからプラスへ -

Reframing リフレーミング~マイナスからプラスへ~

新しい出会いと学びを通じて⼼身の健康を考え、自分と向き合い、自身を励ます。
⼋戸の美味しさと奥⼊瀬の自然に抱かれてエネルギーチャージの三日間。
開催8回目を数える奥⼊瀬サミット。
令和元年は八戸市と⼗和田市を会場に、セミナーや交流会、また、世界へ発信する⼥性活躍会議など⾊とりどりのプログラムをお届けします。

Gretting 会長からのメッセージ

今年は、自分を見直す旅に出ませんか?
テーマはリフレーミングです。心理学用語の1つですが「ワクを変える」こと。
私たちは、知らず知らずに、ものの見方のワクを作ってしまっています。これをいったんはずし、いま一度見てみませんか、自分自身を、まわりの世界を。
これまで、仕方ない、ダメダメだ、と思っていたものたちが、本当は素晴らしい宝であることに気づかされるでしょう。
人生は、見方によってどのようにも姿を変えていくのです。
新しいワクで、ワクワクしませんか?

奥入瀬サミット実行委員会会長
対馬ルリ子(産婦人科医師・医学博士/対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座・新宿 院長)

奥入瀬サミット実行委員会会長 対馬ルリ子

ゲスト紹介

ゲスト紹介を見る

あおもり未来の種まきプロジェクト

奥入瀬サミット2019は、次の世代のリーダーになる若者たちを育てることに力を注いでいます。今回のサミットでは、青森県内で、新しい世界を拓くという志から「高校生会議」を実施している学生団体LINDEALのメンバーたちをサミット2日目のプログラムに招待し、各界の第一線で活躍するオトナ世代との密な交流を実現したいと考えています。

参加者の方々に個人協賛としてドネーションを募り高校生たちを受け入れることにより、未来のリーダーたちに奥入瀬サミットを体験し、多くの気づきや学びを得てもらうことができます。個人協賛金は一口10,000円となります。個人協賛金一口をお支払いただきますと、高校生3名のサミット参加が可能になります。また、個人協賛金提供の皆様は、奥入瀬サミット公式アンバサダーの認定を受けることができます。ぜひ、次世代リーダーの育成にご尽力いただきたく、「あおもり未来の種まきプロジェクト 個人協賛金アンバサダー」へのご協力をお待ちしております。

※このプロジェクトに賛同いただける企業協賛も募集しております。
詳しくは、奥入瀬サミット実行委員会 017-734-9133(青森県企画政策部地域活力振興課)、info@oirase-summit.comまでお問い合わせください。

奥入瀬サミット2019 ビジュアルデザインについて

今回のメインビジュアルである菱形のデザインは「織り」をテーマにしています。一本の糸を一人の女性、または男性と捉え、糸どおしの出会いと学びがやがて一枚の布となって、しなやかに世界を包んでいく広がりを表現しました。

また、今年のテーマカラーは「ティール(Teal)色」と呼ばれる青緑。これは「生命が生まれる海の色」と定義され(Kevin Wilber著『意識のスペクトラム』より)、ビジネスの場においては、会社や組織のマネージメントの最も革新的な形を象徴する色でもあります。集まったメンバーが個人としてそれぞれに自立し、かつ集合体として同じ目的に向かい進化していく… 。そこには、これまでの枠を超える意識のリフレーミングが欠かせません。奥入瀬サミット2019が、あなたが今の自分から一歩前へ進む勇気を得る機会となるようにとの願いが込められています。

開催レポート
ページトップへ